【川田コーチ連載コラム】練習編~第13回「模倣(真似)の重要性」~


★川田コーチの連載ミニコラム★
【練習編】
~第13回【模倣(真似)の重要性】~

以前であれば、プロのプレーを観るのに貴重な放送から録画して観ていました。
少なからず今のコーチ世代、30歳代以上の方は学生時代にそんな思い出があるのではないでしょうか?
良い指導を受けたり練習するだけでなく、良いプレーを観ることも上達するために欠かすことの出来ない必須条件とも言えます。
好きな選手がいて、プレーのみならずラケットやウェア等の道具にも憧れを持ち、少しでも近づきたいと思うことは上達への登竜門です。

昨今、民放では放送機会が減ってしまったものの、衛星やケーブル等なら観ることができて、何より無料動画サイトなら好きな選手を検索できてスローでフォームを細かく観ることも出来るようになっています。
間違いなく観るということに関しては環境が良くなっているはずです。
自主的な練習の中に、観るイメージトレーニングは含まれていますか?

細かいことを言えば、無理な模倣は、故障の原因となりうることもあるので、模倣自体には注意をしなければならないこともありますが、それでも自分がプロになったかのように、同じプレーをイメージすることは、とても大切なことです。
是非、たくさんの選手を観て、視覚から様々なものを吸収してみて下さい。

少なからず、練習前5分程度でも、動画を観てからコートに入るのと観ないでコートに入るのでは大きな違いがあるはずです!

【過去の連載コラムはこちらから】 

 

*本コラムはウェブショップのメールマガジンにて配信しております。
ぜひ、メールマガジンのご登録をお待ちしています。

Comments are closed.