【川田コーチ連載コラム】練習編~第19回「広い視野と選択・判断する能力」~


★川田コーチの連載ミニコラム★
【練習編】
~第19回【広い視野と選択・判断する能力】~

物事は得てして表裏一体な事が多いです。
例えば
好奇心旺盛←→飽きっぽい
夢中になる←→固い・柔軟性に欠ける

テニスの練習においても苦手なショットを練習し続けるか、得意なショットを伸ばすように取り組むかを選択に迫られたり、試合中でも、得意なプレースタイルを貫くか、相手のプレースタイルに応じて戦略を臨機応変に対応するかは悩ましいポイントです。
どれを選択しても正解不正解があるわけではなく、ある意味ではどれも正解であり、最終的にはバランスが求められます。
さらにプロであれば、結果が全てで勝てば正解、負ければ不正解となることもあります。

スポーツには物事を対極的かつ広角的に見る能力を必要とされます。
なかなか難しいことですが、もし正解があるとするならば、「後悔の無い選択」なのかもしれません。
夢中になればなるほど忘れがちなポイントなので気をつけたいですね♪


【過去の連載コラムはこちらから】 

 

*本コラムはウェブショップのメールマガジンにて配信しております。
ぜひ、メールマガジンのご登録をお待ちしています。

Comments are closed.